お問い合わせ
各種問い合わせページ
検索

シンクライアント

仮想デスクトップ〈 VIDネットブートソリューション 〉

パソコンのハードディスクイメージをサーバーに集約し、ディスクレスでWindowsやLinuxを利用するシンクライアントシステムです。
ミントウェーブ独自の使いやすい日本語管理ツールを搭載、Windows / Linuxのデュアルブートも可能です。

Index

ミントウェーブが提供する「VIDネットブートソリューション」とは?

10年以上の提供実績を誇るネットブートシステムで、シンクライアントの特徴であるセキュリティ向上による情報漏えい防止はもちろん、従来の画面転送型シンクライアントでは難しいとされていたマルチメディアコンテンツ再生等の弱点を補完し、PCクライアントの管理コスト削減を実現するソリューションです。
2001年11月、弊社(当時は高岳製作所)は日本初のWindows2000Professional対応ダウンロード型ディスクレスクライアントシステムを発表して以来、学校・教育現場を中心に300システムを越える豊富な納入実績を持っています。
現在、弊社が提供するネットブートシステムは、「VID(Virtual Image Distributor)」と「VID-Tachyon」の複数ラインナップに加え、「VID-Booster」などのオプションも準備しており、ご要望をうかがった上で、最適な構成をご提案します。

納入先【教育機関】 クライアント台数
大学(国公立)12,000台
大学(私立)22,000台
高専1,500台
小中高800台
その他教育機関700台
民間企業他3,000台
総計 40,000台

システム構築イメージ

ディスクイメージを管理するサーバー、ネットワークを含めた全体のソリューションとして提供しています。
ご要望をうかがった上で、最適な構成をご提案します。PCをクライアントに採用したソリューションの構築実績も多数ございます。

VID対応ディスクレスパソコン

管理ツール

サーバーに保存されているディスクイメージや、クライアントの制御をおこなう独自の管理ツールを提供しています。スケジュール機能を含めたクライアントの制御や、利用状況のログを管理する機能でより効率的なクライアント管理が可能です。

クライアント運用管理

  • 手動/スケジュールによるクライアント制御(起動、再起動、シャットダウン)
  • クライアント状態表示(起動OS、起動時刻、端末の状態、端末ネットワーク情報)
  • クライアントグループ管理
  • クライアント起動OS管理

ディスクイメージ運用管理

  • スケジュールによるウィルスパターンファイルの更新(Windowsのみ)
  • 複数VDISKの一括管理

クライアントメンテナンス Windowsのみの機能

  • クライアントログ情報収集
  • クライアント利用制限(AP、ネットワーク、ドライブなど)
  • クライアント情報取得(画面、起動APなど)
  • クライアントリモート制御(ログオン/ログオフ、AP起動など)

アプリケーションライセンス管理 オプション機能

  • VID管理ツール操作画面
    VID管理ツール操作画面

VID ネットブートソリューション ラインナップ

VID(Virtual Image Distributor)

特長1:Citrix Provisioning Services、NFSなどを組み合わせた独自ソリューション

Citrix Provisioning ServicesによるWindowsのディスクレス起動

Citrix Provisioning Services(Citrix XenDesktopの提供する機能)を利用し、ネットワーク上のサーバーで管理されるWindowsディスクイメージから端末を起動します。ディスクイメージは専用の形式で保存され、イメージの管理や選択が容易であるという特長があります。

NFS、iSCSIによるLinuxのディスクレス起動

Linuxが利用するネットワークファイルシステムを利用し、サーバーで管理されるLinuxのファイルを読み込んで端末を起動します。起動に使用するディスクイメージ自体は通常のLinuxファイルなので、設定変更やファイル操作が容易です。起動時にディスクイメージを選択させることでWindows、Linuxのデュアルブート環境も構築できます。研究用途など、Linux環境でデータ処理をおこないWindows環境でレポートを作成するような場合にも1台の端末で対応できます。

特長2:PCをクライアントとして利用可能

通常PCをクライアントに使用することも可能です。ただし、各クライアントが同一ディスクイメージから起動するという仕組み上、全クライアントが同一ハードウェアで構成されている必要があります。

特長3:管理ツールのご提供

サーバーに保存されているディスクイメージや、クライアントの制御をおこなう独自の管理ツールを提供しています。スケジュール機能を含めたクライアントの制御や、利用状況のログを管理する機能でより効率的なクライアント管理が可能です。

VID-Booster (オプション)

管理性に優れたディスクレス仕様(必要な情報はiSCSIストレージより参照して動作)キャッシュ効果により、サーバとVID-Booster間の通信量を削減することができます。

万一の故障時も、容易に予備機へ機能を引き継がせることができます。
CPUIntel Xeon X3450
メモリ8~32GB
ストレージ なし(標準)
ネットワーク1Gbps x 4
寸法356(D)x426(W)x43(H)mm

1Uハーフラックサイズでネットワークスイッチと同じラックに収容可能です。

構成イメージ ※認証基盤等を含まない最小構成例

VID-Strage (オプション)

VIDシステムのボリューム管理ソフトウェア(オプション)で以下の特長があります。

  • 起動イメージのコピー不要
  • 起動イメージの世代管理が簡単
  • 起動イメージの簡単復元

システム構成

  • 起動イメージ用ドライブ(ボリューム)を集約
「システム構成」イメージ

ポイント1:機能を絞った簡単操作

  • 機能絞り込みによる簡単操作
  • Provisioning Services のバージョンに依存しないつくり
「機能を絞った簡単操作」イメージ

ポイント2:世代管理も簡単

  • iSCSIサーバにはスナップショットの取得期限はない(※1)ので容量を気にせず世代管理
  • 又、スナップショットの世代管理は差分のみとなりiSCSIサーバのディスク消費量を抑える事が可能

※1:iSCSIサーバのディスク容量に依存します。

利用イメージ

VID管理サーバのEドライブ(ボリューム)がマスターとなり、そのクローンボリュームが各VID-IOサーバのEドライブとしてマウントされます。

  • 起動イメージが格納されるボリューム(ドライブ)単位で世代管理をおこないます。
  • ボリューム及び起動イメージ単位で変更履歴を残せます。

ポイント3:クローン機能で高速展開

  • ボリュームに対するクローン生成は一瞬!
  • 各ネットブートサーバへの展開も短時間で終了(※2)
    複数生成してもiSCSIサーバのディスク消費は殆どありません
    旧世代への切替もウィザードで簡単

※2:ネットブートサーバとのiSCSIセッション処理に若干時間が必要となります。利用イメージの構成で約2分で完了(容量関係無)

VID-Tachyon

VID-Tachyonとは、OSをネットワークブートし、ローカルの資源(CPU、メモリ等)を利用し、HDDを使わず高速起動を実現した新しいネットブート型シンクライアントシステムです。

特長1:群を抜く高速スピード

ネットブート環境では、クライアントの起動時間が問題になることがありましたが、VID-Tachyonでは、OSが高速で起動します。また、アプリケーションもクリックしたと同時に立ち上がります。

特長2:クライアントのHDDレス化

HDDを一切使用しないため、HDDの故障が無くなり、運用コストを削減することができます。
HDDを完全に取り外せば、熱の放出を抑えられ空調負荷を下げられることにより、地球温暖化に寄与できます。

特長3:安定運用

複数台のサーバで運用時に、サーバに障害が発生しても、クライアントは継続運用が可能です。
ロードバランス機能により、サーバの負荷分散を実現できます。ロールバック機能により、イメージに問題が発生しても、正常動作時の環境(ポイント)に戻すことができます。

特長4:リードキャッシュ機能

一度、読み込んだイメージデータは、クライアント内HDDに記憶することもできますので、低帯域の環境でも利用可能です。

特長5:便利で豊富な管理機能

定評のあるVIDメンテナンス機能を、そのままご利用いただけます。

システム構成例
CPUXeon 2GHz以上
メモリ4GB以上(推奨8GB)
ストレージ イメージのOSと数による
ネットワーク1GBx2 Ethernet
OSWindowsServer2008R2(推奨)
ページの先頭へ