お問い合わせ
各種問い合わせページ
検索

シンクライアント

オフィス用端末として使いたい

シンクライアント導入のメリット

個人情報保護法や内部統制などの法的要請により、企業が扱うユーザーデータの一元管理や、情報セキュリティ強化がますます求められています。一方企業には多くのPCが導入されており、OSやソフトウェアのバージョンアップ、データのバックアップ、端末の障害対応や故障時の復旧、端末の陳腐化対応などの管理作業は煩雑化しており、管理の効率化はまったなしの状況です。

こういった環境下において、ソフトウェアやデータをサーバーで集中管理し、重要なデータを端末側には一切残さない、シンクライアントシステムの導入機運が高まっています。

選択のポイント

シンクライアントシステムには、大きく分けて画面転送型とネットワークブート型があり、ソフトウェアをサーバー側で集中管理するという意味では両者同じような運用管理ができますが、ソフトウェアの動作方式やネットワークの回線の太さ、使用するアプリケーションの種類や用途によって、最適なシステムを見極めることが重要となってきます。ソフトウェアの処理をサーバー側でおこない、その画面データのみを端末に送る画面転送型の場合は、ネットワーク帯域もそれ程必要とせず、ネットワーク上には実データが流れず圧縮され、非常にセキュリティの高いシステムを構築することができます。

また、端末には高機能を搭載しない安価なシンクライアント端末を利用できます。ミントウェーブの画面転送型シンクライアントは用途に応じて、BOX型、ノート型、液晶一体型など、また組込みOSとして、Windows XP Embedded、CE、当社独自のセキュアなLinuxベースのOSを組み込んだ、様様なシンクライアント端末をご用意しています。

情報漏洩の防止策としての利用

情報持ち出しを制限してセキュリティを向上

シンクライアント端末側にはハードディスクがなく、ユーザーデータなどの重要な情報が残らないため、端末の盗難や紛失による情報漏洩を防止することが可能です。また、USBメモリなどの接続ポートにも利用制限が掛けられますので、外部記憶装置の接続による、データ持出しを防ぐこともできます。

サーバー集中管理による運用管理、メンテナンスコストの削減

端末側の故障率の低減と短時間での障害復旧

場所にとらわれないワークスタイルの実現

ページの先頭へ