SERVICE

パスワード認証から指紋認証やICカード認証に置き換えることにより、ログイン時のセキュリティ強化を実現します。

シンクライアント利用時の認証課題、解決策

  • [課題]パスワード認証

    シンクライアントならどこからでも自分の環境にログイン可能ですが、パスワードが分かれば誰でもなりすましでログインされる危険があります。

    パスワード認証による課題
  • [解決策]二要素認証の導入

    本人特定が強化されるので、安心してシンクライアントを利用できます。

    【指紋認証のメリット】
    確実に本人を特定できます。
    ICカードなど認証デバイスを携帯する必要がないため、利用者はカード忘れや紛失を気にする必要がありません。
    システム管理者は認証デバイス管理が不要なため、少ない運用負担でセキュリティを強化できます。

    【ICカード認証のメリット】
    社員証等のすでに持っているカード(Felica)を利用できるので、新たにカードを購入することなく始められます。

    デバイス認証を導入すると

ミントウェーブが提供する二要素認証のポイント

1.ウイルス感染の危険性が低い「シンクライアント独自OS搭載端末」でICカード・指紋認証
シンクライアント独自OSのBasilware64はウイルス攻撃の危険性を極めて低く抑えることが可能です。
Basilware64搭載シンクライアントでICカード・指紋認証を行うことにより、より強固なセキュリティを実現できます。

2.メーカーでの動作確認済みのためスムーズに導入可能
ミントウェーブのシンクライアント端末は各認証ソリューションとの動作確認済みのため、購入後すぐに運用開始できます
対応シンクライアント方式:RDP、ICA、PCoIP

3.端末の導入から認証システムの構築までトータルでサポート
端末メーカーであり、認証ソリューション構築ベンダーでもあるため、端末の導入から構築までトータルでサポートいたします。

 

代表的な認証デバイス

様々な認証要素の組み合わせに対応

(参考)動作実績のある認証ソリューション

指紋認証
・ミントウェーブ製独自OS搭載シンクライアント+EVE MA(株式会社ディー・ディー・エス)

ICカード認証
・ミントウェーブ製独自OS搭載シンクライアント+ARCACLAVIS Ways(ジャパンシステム株式会社)
・ミントウェーブ製独自OS搭載シンクライアント+FSSスマートシリーズ(株式会社ローレルインテリジェントシステムズ)
・ミントウェーブ製独自OS搭載シンクライアント+Taikoban(株式会社イードクトル)
・ミントウェーブ製独自OS搭載シンクライアント+かざすだけログイン

・ミントウェーブ製PCoIPゼロクライアント+AZ Desktop Cloud Platform(株式会社アズム)

※イベントでのデモ実績も含まれております。各機種での対応状況はお問い合わせください。

業種別 利用シーン

医療機関のお客様

医療機関での個人情報保護の必要性が一層高まっています
厚生労働省では、医療機関等における情報システムの基本的な安全管理の為に、利用者の識別・認証に二要素認証を用いるようガイドラインにて推奨しています。

認証におけるセキュリティ強度を考えた場合、これらのいずれの手段であっても、単独で用いた場合に十分な認証強度を保つことは一般には困難である。そこで、ICカード等のセキュリティ・デバイス+パスワードやバイオメトリクス+ICカード、ID・パスワード+バイオメトリクスのように2つの独立した要素を用いて行う方式(2要素認証)を採用することが望ましい。
「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」
平成29年5月 厚生労働省 第5版より

自治体のお客様

マイナンバー(個人番号)業務のセキュリティ対策として
二要素認証+データアクセス制限等により、重要情報を扱う業務環境の不正アクセスをシャットアウトします。

教育機関のお客様

生徒の成績情報などを扱う校務系システムの認証強化にも最適です。

金融機関のお客様

事務所内はもちろん、外出先へ持ちだす渉外向け端末にも有効です。

導入実績

  • 中部地区自治体

    業種 公共
    会社規模 (-)
    導入部門 マイナンバー(個人番号)業務実施部門

    ICカードを用いた二要素認証でセキュリティを強化。国が進めているネットワーク強靭化に対応し、マイナンバー(個人番号)業務で安心してお使いいただける業務端末を実現しました。

CONTACT

電話からの
お問い合わせ
050-3818-0202
WEBからのお問い合わせ